スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
志賀理和氣神社移転新築事業

去年から設計を進めております、志賀理和氣神社の移転・新築事業もいよいよ本番 順調に進んでおります。

北上川のほとりにあるこの神社は、全国の式内社では日本最北端に位置する神社で『紫波』の名前の由来にもなるほどの歴史ある神社です。

神社の詳しい内容や歴史・資料はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を見ていただくだけでもよくわかります。

 

この歴史ある神社ですが、この度 北上川の堤防整備工事に伴い、境内まるまる移転する事業となり神社の部分的な修繕事業や、建替えはそれなりに全国あると思いますが、社殿・社務所・鳥居、狛犬等々・・・境内全体の移転・新築事業は建築家人生の中でも一度できるか出来ないか?の貴重な経験だと思います。

 

この事業は、神社本庁に本社を置く日本建築工藝設計事務所様を主体とした共同作業による境内整備事業です。

まさに神社設計のプロフェッショナルによる設計です。

 

私の会社は主に社務所(黒い大屋根の建物)と社殿(中央のオレンジ色の屋根の建物)をつなぐ渡り廊下を担当し、伝統建築でもある社殿や周囲の建築物・工作物などは日本建築工藝設計事務所様が担当しています。

 

社務所といっても住居だけではなく、結婚式や各種イベントも出来る様に、大広間や会議室なども兼ね添えた大きさになっています。

玄関ホールや渡り廊下は社殿とつながる和風造りのデザイン

 

館内ロビーやホールは、和モダンなデザイン

 

結婚式やイベントの規模に応じて部屋の演出や大きさを変えれる様に工夫されています。


社務所の新築はいよいよ今月から始まり、完成は今年の11月予定。

社殿は木材の乾燥期間を十分に考慮し、完成は来年7月の予定です。  

社殿の新築事業は紫波町でも見学会を企画するほど、この度の境内移転新築事業は紫波町に限らず、全国の皆様に注目されています。

 

完成まで まだまだ長い道のりですが、良い作品として皆様に評価していただけるようにスタッフ一同頑張っていこうと思います。

建築主様、事業関係者、工事関係者の方々 事業を応援してくださってる方々 これからも どうぞよろしくお願いします。

 

 

                アイデアル
   株式会社IDEAL建築設計研究所

  
  http://www.office-harada.co.jp/ideal/ 


     〒020−0402
    
   岩手県盛岡市黒川21−66−7

     TEL 019−696−1677
     FAX 019−696−2633

 

 

 

 

 

 

| Office Profile | 23:04 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:04 | - | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links