スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
いわて文化財

父親の知人を通じて、『いわて文化財』 という冊子を読む機会があった。

特集のテーマは 『震災』と『復興』だった。。。

仕事柄、文化財との接点は、建築工事前の遺跡調査の有無ぐらいであったが、この冊子を読んで
色々と勉強になることが書いてあった。。

現在、被災者の高台移転に伴い、遺跡発掘調査を盛んに行うことになっているということ・・

『高台移転』 と 『遺跡発掘』 なんで忙しいことになるのか?何の関係あるのか?

冊子を読んでいて 納得させられた

大昔の先人たちは、過去の津波や震災を教訓に 安全な場所を求め、高台に移り住む・・・
それが、いつしか 高台を下り、平地に移り住むようになり・・・・
時間と歴史が 皮肉にも 同じことを繰り返していること

何か 虚しく、悲しい感じがした。。


『埋蔵文化の発掘調査は復興のための第一歩です』 と書いてあったが、まったくその通りだと思う

建築・設計する立場として、便利さを求める前に、先人の知恵や歴史を先に学ぶ必要があること。。。
語り継ぐことの大切さ・・・等々 改めて考えさせられる1冊であった。(KEN)


       アイデアル
株式会社IDEAL建築設計研究所


〒020−0402
岩手県盛岡市黒川21−66−7
TEL 019−696−1677
FAX 019−696−2633



| Office Profile | 23:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:19 | - | - | pookmark |
Comment
岩手県釜石市の復興支援の活動をたくさんしています。
Posted by: 日本リザルツ |at: 2012/08/24 8:21 PM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links